買取不可のフィギュア

人気のあるゲーム作品のフィギュアやレアなフィギュアは高額査定がつくことも多いですが、そうでなくても買取をしてもらうことは可能です。ただし、中には買取不可とされるケースもあります。

通常、傷がついている、一部が破損している、塗装が剥げている、といった程度であれば高額査定は無理でも買取をしてくれることが多いです。ただし、修復不可能なほど破損している、ほとんど色がついていない、改造してある、自分で色を塗った、などといったフィギュアはほとんどが買取不可とされてしまいます。買取業者は買い取ったフィギュアを商品として売りに出すことが多いので、商品として売れないものは買い取ってくれません。

箱中にはお気に入りのフィギュアを自分なりに作り替えたり、色を塗ってみたりしている人もいるでしょう。その場合は、買取業者ではなくオークションなどを利用するといいでしょう。個性的なフィギュアとして、高額で買ってくれるファンがいるものです。

基本的に故意に改造したり破損させたりしていなければ、買い取ってくれる業者が多いです。中には、破損があると買い取ってくれない、箱がないと買取不可、といった業者もありますから、まずは査定をしてもらうといいでしょう。