買取不可のフィギュア

人気のあるゲーム作品のフィギュアやレアなフィギュアは高額査定がつくことも多いですが、そうでなくても買取をしてもらうことは可能です。ただし、中には買取不可とされるケースもあります。

通常、傷がついている、一部が破損している、塗装が剥げている、といった程度であれば高額査定は無理でも買取をしてくれることが多いです。ただし、修復不可能なほど破損している、ほとんど色がついていない、改造してある、自分で色を塗った、などといったフィギュアはほとんどが買取不可とされてしまいます。買取業者は買い取ったフィギュアを商品として売りに出すことが多いので、商品として売れないものは買い取ってくれません。

箱中にはお気に入りのフィギュアを自分なりに作り替えたり、色を塗ってみたりしている人もいるでしょう。その場合は、買取業者ではなくオークションなどを利用するといいでしょう。個性的なフィギュアとして、高額で買ってくれるファンがいるものです。

基本的に故意に改造したり破損させたりしていなければ、買い取ってくれる業者が多いです。中には、破損があると買い取ってくれない、箱がないと買取不可、といった業者もありますから、まずは査定をしてもらうといいでしょう。

フィギュアの保管方法

ゲーム作品のフィギュアを買い取ってもらう方法はいろいろですが、高く買い取ってもらうには、きれいな状態であることが大切です。そこで注意したいのがフィギュアの保管方法です。ゲームをしているときに、キャラクターのフィギュアをそばに置いてゲームをしたい、と思う人も多いと思われますが、売る際には保管方法が重要になってくるのです

紫外線特に注意したいのが紫外線です。人間だけでなく、フィギュアにとっても紫外線はダメージになります。日が当たると劣化が早まり、塗装が剥げてしまうことがあるのです。形が変形してしまうこともあります。普段は、熱や日の光に当たらない、暗くて涼しい場所に保管するようにしましょう。

また、ホコリをかぶると汚れが目立ちます。ホコリがかぶると、掃除をしてもキレイにならないことも多いです。箱に入れて置けばホコリ対策はできますが、箱に入れっぱなしだと、劣化しやすくなります。できれば、箱から取り出し、フィギュアを入れておけるコレクションケースを利用するのがおススメです。タバコのヤニからもフィギュアを守ることができます。その際、箱は捨てずに取っておきましょう。買取してもらう際に箱があると査定がアップすることが多いです。

買取に出すタイミング

年齢を問わず人気の高いゲーム作品ですが、中でも個性的なキャラクターフィギュアは人気があります。格闘技系のゲームに登場するキャラクターもいろいろあり、ゲームの中だけでなく、フィギュアとしても持っていたいという人も多く、ゲーム作品のフィギュア買取も頻繁に行われています。

業者フィギュアは基本的に未開封できれいな状態のものが高額査定になりますが、ゲーム作品のフィギュアの場合、売るタイミングにも注意しなければなりません。ゲームなどはシリーズ化されているものも多く、過去の作品のフィギュアとなると査定が低くなることが多いです。高く売るには、その時点でブームになっているものを売った方がいいでしょう。長く持っていても、査定額は下がることが多いので、売る場合は早めに売ることです。

ゲーム作品のフィギュアでも、傷がある、箱がない、人気がない、といったものは買い取ってもらえないケースもあります。しかし、買取専門業者の中には、新しいもの、古いもの、といったことに関係なく、箱がなくても、少し傷があっても、部品の一部がなくても、買い取ってくれる業者も少なくないので、古いフィギュアを売る場合には、そういった業者を選ぶようにしましょう。